2018年09月12日

助成金交付事業の見学に行ってきました(第29回)みやまえエコー

 9月10日(月)10時より、福祉パルみやまえにて「初めての朗読講座〜声がひろげるまだ見ぬ世界〜(全3回)」の第3回目の講座が開催されました。参加者は13名。
 この日は、全3回の講座の最終回。読み聞かせインストラクターの星野尚美さんを講師に迎え、「発声・発音・朗読」をテーマにした実践的な内容でした。

 「声」を相手にしっかり届けるには「発声・発音・呼吸法」が大切です。のどだけでなく、身体全体の筋肉をしっかりほぐして良い状態にしておくこと。ストレッチから始まり、複式呼吸を意識しての発声練習、早口言葉や詩の朗読を参加者の皆さんで行っていきました。徐々に笑顔が増え、大きくて力のこもった声が出るようになっていきました。

IMG_20180910_103106.jpg

 続いて、6人1組で、一人一人が絵本の登場人物になりきって絵本の朗読を行いました。最後に講師の星野さんから、「声を届ける」ということは「心を伝える」ということですというアドバイスがありました。

IMG_20180910_113156.jpg
 
 代表の西尾さんは「視覚障害者の方や文字を読むことが困難になった高齢者の方に、情報を声でお届けする活動が広がり、文字情報の質的・量的不足が補えるようになればと思っています」と笑顔で話してくれました。


posted by staff at 16:00| 助成金交付事業見学レポート