2018年09月10日

助成金交付事業の見学に行ってきました(第27回)くれよん

今年4月にオープンした高津区久末にあるグループホーム「花物語たかつの丘」の地域交流室にて、市民活動団体「くれよん」による小学生放課後の居場所「坂上広場・遊び基地」が9月2日(日)に始まりました。

保護者2名と子ども11名が参加してのオープニングイベントは、元プロマジシャンによる「マジックワークショップ」。トランプでのマジックに「えぇっ!」「あれっ!」「どうして!?」と、不思議な現象に子どもたちは釘づけでした。

CIMG8659.JPG

ボードゲームやマンガ本などが用意されている明るく綺麗な部屋。子どもたちに「遊べる場所が増えて嬉しい?」と聞くと「うん!」という答えが返ってきました。会場の紹介は保健師さんからだったそうで「無料で利用出来る施設を紹介していただけて、とても有り難いです。」と代表の森合さん。

CIMG8660.JPG

「地域の方からの理解と協力を得ながら進めることで、顔が見える関係を作って行きたい。また、高齢者施設を子どもの居場所として利用し、入居者との交流も大切にして実績を積むことで、他地域でも同様な活動が広がるのではないか。」と期待しながら「くれよん」の皆さんは活動をしていきたいそうです。

CIMG8662.JPG

「坂上広場・遊び基地」は、毎週月曜日午後3時から5時まで開放。季節イベントも計画しています。
posted by staff at 13:50| 助成金交付事業見学レポート